カート
ユーザー
絞り込む
商品から探す
柄から探す
読みもの
042-202104-TSU
オガサワラカワラヒワをメインに「生命の楽園」をイメージしたデザインです。 タコノキは自慢げにたわわに実った果実を抱えています。
【クラウドファンディング受付中】てぬぐい オガサワラカワラヒワと生命の楽園柄
88,888,888円(税込)
4444440 ポイント還元
在庫 1 売切れ間近
購入数

042-202104-TSU
【クラウドファンディング受付中】てぬぐい オガサワラカワラヒワと生命の楽園柄
88,888,888円(税込)
4444440 ポイント還元
この柄は、小笠原で環境保護活動をされている方々より、
デザインのご依頼を頂きました。クラウドファンディングをされています。
ご支援で返礼品としてこのてぬぐいが送られてきます。

※この柄はこのネットショップでは購入できませんので、ご注意ください。

オガサワラカワラヒワは、小笠原諸島だけに生息する鳥です。今、彼らはまさに絶滅の危機に瀕しています。
以下より支援が出来ます。ご協力頂けたら幸いです。
>> ご支援はこちらからどうぞ

オガサワラカワラヒワをメインに「生命の楽園」をイメージしたデザインです。
タコノキは自慢げにたわわに実った果実を抱えています。

両側には、オガサワラカワラヒワたち、ムニンアオガンピ、オガサワラビロウの実、ノヤシ、
などが配置されています。よく見ると、ムニンクロキ、トサカメオトランもあります。
てぬぐいの端には海の波をイメージした文様をあしらいました。

小笠原母島の多様な生命がこれからもずっと長く繁栄してほしい、
そんなことを願った柄です。

Ogasawara Greenfinch and Paradise of Life Pattern

The design embodies the "paradise of life", featuring the Ogasawara Greenfinch.
Takonoki, an endemic evergreen of Ogasawara, proudly holds its full-grown fruit. Arranged on both sides are the Ogasawara Greenfinch and the islands’ native life - Munin Aoganpi, Ogasawara Biro nuts, and Noyashi. If you look closely, you will also find Munin Kuroki and Tosaka Meotran. Munin Aoganpi, Ogasawara Biro,Noyashi and Munin Kuroki are all endemic plants to Ogasawara.
The edges of the fabric are decorated with ocean wave patterns.
May the diverse life of Ogasawara Hahajima continue to prosper for a long time…
It is a pattern that embraces such a wish.







額などに入れて飾って楽しむこともできる柄です。
玄関に飾られるのにおすすめです。

てぬぐいを飾るのにおすすめのタペストリー棒もございます。

サイズ:900mm×340mm 生地:綿100%(総理)

てぬぐいは日本橋にある老舗の染物屋である戸田屋商店さんに染めていただいています。いつも大変美しく染め上げて頂いております。

戸田屋商店の梨園染

美しく、ときにユーモアや時代の世相を反映する手ぬぐいと、夏の華であるゆかた。日本の文化に光る庶民の粋と伝統を守り育ててきたのが創業140余年、東京日本橋・戸田屋商店の梨園染です。ゆかたは平安時代の貴族が入浴に際し着用した「由加太比良(ゆかたびら)」が起源ですし、手ぬぐいは鎌倉時代に誕生し、江戸時代に広く普及したといわれています。現在では歌舞伎や舞踊の世界を初めとして皆様に愛用されているところから「梨園染」の名称で江戸の粋をお届けしています。梨園染製品はゆかた、手ぬぐいをはじめ、扇子、うちわ、のれん等に形を変え、数百の柄、バリエーションで皆様に江戸の粋をお届けしています。

熟練技が光る梨園染

梨園染のゆかた、手ぬぐいは東京の下町の染色工場で染め上げられます。製造工程のほとんどは、熟練の職人による手作業です。たとえば「形置」では、白生地に形紙を載せ、防染糊を付けては形紙を外し、生地を折り返してまた糊を付ける。この作業を繰り返すこと20数回。

また「染色」では、折り重なるように糊付けされた生地の上から、やかんと呼ばれる口の細長いじょうろで染料を注ぎ、下から真空ポンプで吸引して生地に染料を浸透させます。特に多色染めの場合は、柄の境界に指定外の染料がにじまないよう配慮が必要で、職人の経験と技だけが頼りになります。染め上がった生地は表も裏もなく、くっきりと染まり、柄が生き生きと浮き出します。

注意

本製品は本染めの為、使い初めはかなり色落ちいたしますので、他のものと分けてお洗い下さい。また、洗濯の際は手洗いすることをお勧めいたします。

CAUTION : Keep in mind decolored on the character of a product in the beginning in the case of wash.
この商品を購入する