カート
ユーザー
絞り込む
商品から探す
柄から探す
読みもの
駅舎にはつばめたちが毎年、巣を作っていました。彼らがどこかで今も元気に飛び回っていることを願い、デザインを起こしたものです。
てぬぐい つばめ柄(赤橙)
1,620円(税込)
在庫 2 売切れ間近
購入数

tenugui-manahi-002
てぬぐい つばめ柄(赤橙)
1,620円(税込)
この柄は2007年東京・国立市の国立本店で行われた「てぬぐいろいろ展」に出品するにあたり、デザインを起こしました。

国立駅には三角屋根のかわいい駅舎がありました。駅の事業計画により、2006年秋に取り壊されてしまいました。駅舎にはつばめたちが毎年、巣を作っていました。彼らがどこかで今も元気に飛び回っていることを願い、デザインを起こしたものです。



※型紙2版で柄をあわせていますので、多少版ずれしている場合がございます。印刷とは違って手作業ですのでご了承ください。








全体はこんな感じです

サイズ:900mm×340mm 生地:綿100%(総理)

てぬぐいは日本橋にある老舗の染物屋である戸田屋商店さんに染めていただいています。
いつも大変美しく染め上げて頂いております。



戸田屋商店の梨園染

美しく、ときにユーモアや時代の世相を反映する手ぬぐいと、夏の華であるゆかた。日本の文化に光る庶民の粋と伝統を守り育ててきたのが創業140余年、東京日本橋・戸田屋商店の梨園染です。ゆかたは平安時代の貴族が入浴に際し着用した「由加太比良(ゆかたびら)」が起源ですし、手ぬぐいは鎌倉時代に誕生し、江戸時代に広く普及したといわれています。現在では歌舞伎や舞踊の世界を初めとして皆様に愛用されているところから「梨園染」の名称で江戸の粋をお届けしています。梨園染製品はゆかた、手ぬぐいをはじめ、扇子、うちわ、のれん等に形を変え、数百の柄、バリエーションで皆様に江戸の粋をお届けしています。

熟練技が光る梨園染

梨園染のゆかた、手ぬぐいは東京の下町の染色工場で染め上げられます。製造工程のほとんどは、熟練の職人による手作業です。たとえば「形置」では、白生地に形紙を載せ、防染糊を付けては形紙を外し、生地を折り返してまた糊を付ける。この作業を繰り返すこと20数回。

また「染色」では、折り重なるように糊付けされた生地の上から、やかんと呼ばれる口の細長いじょうろで染料を注ぎ、下から真空ポンプで吸引して生地に染料を浸透させます。特に多色染めの場合は、柄の境界に指定外の染料がにじまないよう配慮が必要で、職人の経験と技だけが頼りになります。染め上がった生地は表も裏もなく、くっきりと染まり、柄が生き生きと浮き出します。

注意

本製品は本染めの為、使い初めはかなり色落ちいたしますので、他のものと分けてお洗い下さい。また、洗濯の際は手洗いすることをお勧めいたします。

CAUTION : Keep in mind decolored on the character of a product in the beginning in the case of wash.
この商品を購入する