カート
ユーザー
絞り込む
商品から探す
柄から探す
読みもの
000-201907-MAN
晴れ渡った、嵐は去った。幾多の困難を乗り越えて、新天地での初めての収穫祭です。
てぬぐい 新天地での収穫祭柄
1,728円(税込)
tenugui-manahi-013
てぬぐい 新天地での収穫祭柄
1,728円(税込)
晴れ渡った、嵐は去った。幾多の困難を乗り越えて、新天地での初めての収穫祭です。
耕した土地からはたくさんの草花が咲き、実が収穫できるまでになりました。
美しい土地を必ず守っていこう、そんなことを願う柄です。

Harvest Festival in New Land

It was sunny, the storm was gone. Overcoming many difficulties, it is the first harvest festival in the new world.
A lot of flowers bloom from the cultivated land, and it is now possible to harvest the fruit.
I will always protect the beautiful land, it is a pattern that I wish such a thing.



こんな風にランチョンマットとして使うのにもおすすめです。
その日の気分でお好きな部分の柄を表に出してお楽しみください。
生地は発色のよい特岡生地です。柔らかな風合いのある生地になります。



シンプルな器との相性がとてもいいです。

てぬぐいの生地は晒です。タオルと違って食器を拭いたりしても毛羽があまりつきません。
そのため、料理人の方はタオルではなく、晒を使う方が多いそうです。



てぬぐいは、かごの目隠しとして相性がいいのです。
ハンカチよりも生地が大きいのですっぽりと荷物を包み込むことができ、
雨の日には荷物を濡らさずに済みます。



私はいつも2枚のてぬぐいを持っています。
1枚はお手拭き用、1枚はものを包んだりする用です。
2枚持っていると何かと便利です。





額などに入れて飾って楽しむこともできる柄です。

てぬぐいを飾るのにおすすめのタペストリー棒もございます。
セットでプレゼントされても喜ばれます。

サイズ:900mm×370mm 生地:綿100%(特岡)



この柄は「にじゆら」でおなじみの
大阪の染工場株式会社ナカニさんで染めていただきました。
細かい色のさしわけが大変美しくいとおしいてぬぐいです。

http://nijiyura.com/



注いで染める。だから注染。

手ぬぐいは、すべて「注染(ちゅうせん)」と呼ばれる技法で染められています。注染とはその名の通り、染料を「注いで」染める技法。いじらしいほど純白の、1疋=25mほどのさらしもめんをじゃばら状に重ね合わせ、柄の入った型紙を木枠で固定し、木へらで防染糊をこすりつけます。

その上からじょうろで染料を注ぐことで、1度に30〜40枚分の手ぬぐいが染まります。色を分けたいときは糊で土手を作ります。染め上がった布には表と裏がなく、両面染まるのが特徴です。

注意

本製品は本染めの為、使い初めはかなり色落ちいたしますので、他のものと分けてお洗い下さい。また、洗濯の際は手洗いすることをお勧めいたします。

CAUTION : Keep in mind decolored on the character of a product in the beginning in the case of wash.