→ お知らせ


melmaga
メルマガ登録・解除はこちら
recommend
about us
→ お知らせ

日本橋 戸田屋商店 (染工場:足立区 旭染工場)

つばめデザイン図案店の手拭いは日本橋にある老舗の染屋である戸田屋商店さんで染めていただいています。
→HPはこちら

関東地方で染められた浴衣や手拭いは「東京本染」(とうきょうほんぞめ)と呼ばれ注染(ちゅうせん)の中でも高級品として定着しています。

二色以上を一度に染める「差し分け染め」や、同時に二色以上の染料をかけて濃淡を表現する「ぼかし染め」など世界でも類を見ない独特の染め技法の伝統技術があります。また、染料を生地にしみこませて染めていくため、裏表まったく同じに染まるのが特徴です。

東京都では、伝統的な優秀技術を保存推奨するため「東京都指定伝統工芸品」制度が設けられています。「東京本染」は昭和58年に指定されております。

旭染工場の様子
 
画像をクリックすると拡大します
 

あきるの市 きれ屋 (染工場:浜松市 武藤染工場)

てぬコレのてぬぐいはあきるの市にある「きれ屋」さんで制作していただいています。
→HPはこちら

注染めは主にゆかた、手拭などを染めております。 浜松注染めは県郷土工芸品に指定されており、ボカシを基調とした両面染が実現できる特殊な技法をもちいます。本染めである注染めはすべて手作業で行われるため大変難しく丁寧な作業が求められる染色方法であり、繊細な色彩を表現することが可能な上に小ロット生産にも対応できます。

武藤染工場の様子
 
画像をクリックすると拡大します

大阪 株式会社ナカニ (染工場:大阪)

manahiのてぬぐいは「にじゆら」でおなじみの
大阪の染工場株式会社ナカニさんで染めていただいております。
細かい美しいぼかしを得意としています。
→ HPはこちら

「にじゆら」の手ぬぐいは、すべて「注染(ちゅうせん)」と呼ばれる技法で 染められています。注染とはその名の通り、染料を「注いで」染める技 法。いじらしいほど純白の、1疋=25mほどのさらしもめんをじゃばら状に 重ね合わせ、柄の入った型紙を木枠で固定し、木へらで防染糊をこすり つけます。その上からじょうろで染料を注ぐことで、1度に30〜40枚分の 手ぬぐいが染まります。色を分けたいときは糊で土手を作ります。染め上 がった布には表と裏がなく、両面染まるのが特徴です。