カート
ユーザー
絞り込む
商品から探す
柄から探す
読みもの
火の鳥は死期が近づくと自ら火の中に入り、焚死するが再び火の中から復活すると考えられ、受難と復活の象徴とされています。この火の鳥は長い尾から花が咲き命を運んでいます。命の強さを願う柄です。
てぬぐい 月夜の火の鳥柄
1,728円(税込)
残り5
購入数

tenukore-009
てぬぐい 月夜の火の鳥柄
1,728円(税込)
火の鳥は死期が近づくと自ら火の中に入り、焚死するが再び火の中から復活すると考えられ、受難と復活の象徴とされています。この火の鳥は長い尾から花が咲き命を運んでいます。命の強さを願う柄です。

Fire Bird in the Moonlight

It is thought that the fire bird enters the fire on its own when its final hour comes close and dies, but comes back to life from the fire. Therefore, it is considered a symbol of sufferings and revival. This fire bird carries life through the blooming flower on its long tail. This design represents the hope for strength for life.


こんな風にランチョンマットとして使うのにもおすすめです


食器は原村俊之さんの作品です


かごとの相性もばっちりです


全体はこんな感じです

サイズ:900mm×340mm 生地:綿100%(総理)

てぬコレのてぬぐいはあきるの市にある「きれ屋」さんで制作していただいています。
注染めは主にゆかた、手拭などを染めております。
伝えたい思いを、てぬぐいの模様にし、人へ届ける。
そんなお手伝いをきれ屋は致します。

きれ屋
http://www.kireya.com/



染工場:浜松市 武藤染工場

浜松注染めは県郷土工芸品に指定されており、ボカシを基調とした両面染が実現できる特殊な技法をもちいます。本染めである注染めはすべて手作業で行われるため大変難しく丁寧な作業が求められる染色方法であり、繊細な色彩を表現することが可能な上に小ロット生産にも対応できます。

注意

本製品は本染めの為、使い初めはかなり色落ちいたしますので、他のものと分けてお洗い下さい。また、洗濯の際は手洗いすることをお勧めいたします。

CAUTION : Keep in mind decolored on the character of a product in the beginning in the case of wash.
この商品を購入する